ウィッグのお店ユニガール|オフィシャル通販サイト
2,980円〜とは思えないご満足をお約束します
TEL: 0568-65-7843
Top

ぱっつん前髪の切り方

ウィッグを使ったぱっつん前髪の切り方
モデル:美香

ウィッグを使って前髪を切る練習をしよう

自分の前髪を好みの形に切り下げるのはとても勇気のいること。それは失敗したら取り返しがつかないからです。 だから、ユニガールはウィッグを使って前髪を切ることを提案しますよ♪ ウィッグなら失敗しても替えがきくし、思い切って切れますから。 そして、こういう一発勝負の事って、思い切ってやったほうがうまくいくものです。いきなり自分の地毛を切るという男気あふれる女性はそのまま行っちゃってくださいなヾ(●´∀`●)

今回使うのはユニガールのウィッグ「レイジーウェーブ」

今回前髪を切る練習に使うフルウィッグ、レイジーウェーブ

ユニガールのフルウィッグ「レイジーウェーブ」を使ってやってみましょう。お値段も3,240円(2015年1月現在)ですので、お手軽にお使いいただけます。 このウィッグは、そのままでも使えますが、基本的には前髪を自分に合わせてカスタマイズして使うことを前提に作られたウィッグです。 カラーは3色から選べて、ロングウィッグでは一番人気です♪


前髪を切る準備

用意するもの
  • ウィッグまたは地毛
  • ハサミ
  • コーム(くし)
  • 下に敷く新聞紙など
  • あれば霧吹き
用意しなくていいもの × 気弱な自分
× 慎重すぎる自分
道具を用意するときのポイント
  • 本記事では、すきバサミは使っていません。ハサミは文具のものではなく、ヘアカット用の切れ味の良いものを使ってください。 ホームセンターやドラッグストアなどで1,000〜3,000円程度で販売されています。 普通の文具のハサミだと髪が切りにくいので、曲がって切ってしまったり、キレイにぱっつんが揃わなかったりすることがあります。 特にウィッグの繊維は、地毛よりも固いです。
  • くしについては、平たいものを使用しましょう。
  • ウィッグは必ず自身に装着した状態でカットしてください。外した状態で意図したカットはほぼ不可能です。
  • ウィッグ用のヘアネット装着は必須です。ネットを装着しないでやると、自分の地毛を間違えて混ぜ込んでカットしてしまう恐れがあります。


前髪カットの手順

前髪カットの手順を説明します

前髪カットを、初代ユニガールの美香さんにやってもらいました。 彼女は左手にハサミを持っていると思われるかもしれませんが、これらのカット中の写真は全て鏡に映った彼女を撮った鏡像(きょうぞう)です。 あなたが右利きなら、ご自身が鏡を見ながらカットされる際、このページをこのまま参照すれば、ハサミの方向が一致すると思います。 左利きの人はごめんなさいm(_ _)m

1. ぱっつん前髪の完成形をイメージしよう

今回はこのようなぱっつん前髪にカットします

まず、この画像がカット後の完成形です。今回はこのようなぱっつん前髪を目指してアレンジしてみたいと思います。 彼女は普段から自身の前髪をカットしていて慣れているので、水を使わずそのままダイレクトにサクサクやってますが、 ご自分での前髪カットに慣れていない方は、ウィッグの前髪に霧吹きなどで水を含ませると、カット時に繊維が散乱しにくくなりカットがしやすくなります。 地毛でもそうですが、特に切れ味の悪いハサミを使った場合、刃先からツルツル滑って毛が逃げていきます。 水を含ませることで髪にまとまりと結束力が出るので、切りやすくなります。 ただし水をかけすぎると、実際乾いたときとのイメージ落差が激しくなり、意図しない仕上がりになることがありますので、 うっすら毛束感が出る程度の水量がちょうど良いと思いますよ。


2. 前髪をまっすぐ前にたらして切っていく

カット前の状態 前髪をクシで全部均等に前にたらしてください

カット前はこんなかんじです。前髪は横に流して撮影していますので、実際はカットしない状態で前に髪をたらすと貞子状態になります。 事前にくしで前髪をとかして おいてください。また、うっかり、ウィッグのキャップ内部に前髪の繊維が潜ったままになっていて、 カットした後に長いそれに気付くという事例があったようですので、前髪の繊維はすべて前に出すようにしてください。


少し長めに横にザクザクと切っていきます

まず、前髪を前に全部おろして、ハサミでザクザク平行におおよその長さで切っていきます。 このあと調整しながら切っていくので、少し長めくらいでいいと思います。たぶんいきなり目的の長さに切ってしまっても真っ直ぐ切るのは難しいです。 横幅をどこまで切るかについてはお好みになるので、ご自身の顔型などを考慮してお決めください。 どこからどこまでの横幅の範囲を切るのか決めておいて、それより1cmくらい狭めに切っておくと後で微調整がしやすいと思います。


長さを調整しながらぱっつんに切ります

長さを調整しながらぱっつんに切ります

横の線、縦の線、全体のバランスを考慮しながら長さを調整します。クシでとかしながらやれば長い部分が飛び出てくるので判りやすいです。 キャップの部分に繊維が潜り込んでいないか今一度確認してみてください。


きれいなぱっつんにするコツ

長さを調整しながらぱっつんに切ります

ぱっつん前髪を作るときの基本だったりしますが、きっちりぴっちりのぱっつんを作るのでなければ、このように前髪の毛先に縦にハサミを入れ、毛先にルーズさを出します。 これで自然なシャギー感や、毛先の柔らかさが表現できます。 この画像だとちょっと解りにくいかもしれませんが、ハサミを持っていない方の手をチョキにして前髪をはさみ、 毛先をまっすぐに揃えてそれと平行にハサミの先をチョキチョキ動かし、毛先にギザギザの切り込みを入れていきます。


長さを調整しながらぱっつんに切ります

最後にもう一度クシを通したりして毛先の不揃いを確認し、揃っていないところや気になる部分をハサミで調整します。 最後に、切りくずの繊維を払って完成です。なお、カットで発生した切りくずは、お住まいの地域のゴミの分別方法に従って処理してください。


完成♪

これでぱっつん前髪が完成しました

このページはどうでしたか?是非シェアしてくださいね♪

ご注意:画像や文章の「商用での転載」は一切禁止します。 非商用の方が、ブログやサイトで部分的に転載をする場合は、必ず引用部分を<blockquote></blockquote>タグで囲み、 引用元(当ページのURL)の明示とリンクをお願いします。全文転載はご遠慮ください。引用・リンクにあたり、特にご連絡は必要ありません。


商品カテゴリー

お買い物ガイド

現在のカートの中身

常設ウィッグ特集

過去の特集ページ

SNS

ウィッグのお店ユニガール|オフィシャル通販サイト